予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とは、現在のご自身のお口の中の状況を把握し、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境づくりのお手伝いをする治療です。
その為に、原因の除去や歯質の強化、定期的な清掃などを行い、健康を回復した状態を生涯に渡り、持続させていくことが大切になります。

ページのトップに戻る

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

歯科医師、歯科衛生士による歯面の清掃をPMTCといいます。
特殊な器具を使って、歯磨きでは取りきれないプラークや着色(ステイン)を取り除きます。
特に歯肉の下の部分にたまってしまったプラークや歯石は歯磨きでは取れませんので、私たちにおまかせ下さい。歯肉の下の部分のケアは専門家が担当します。
皆様と専門家の連携プレーにより、お口の健康を保ちましょう。


現在の健康な状態を維持していくために・・・

ホームケアでお手入れしにくい部分を、プロの手によってていねいに快適にケアする方法です。

  • よく磨いているつもりなのに小さい頃からむし歯で苦労された方
  • 歯肉がよく腫れる方、歯の表面がすぐに着色する方
  • 唾液が少なくて悩んでおられる方
  • その他全身のご病気が原因でお口に不快な症状が出やすい方

定期的なお口のケアが、きっとお悩みを解決する糸口になってくれるはずです。

歯の周囲には歯ブラシでは落とせない汚れがあります

むし歯・歯周病はプラークが原因で引き起こされる疾患ですが、近年、歯の表面に付着し成熟したプラークは、「細菌バイオフィルム」であることがわかってきました。

細菌バイオフィルムとは「多種多様の細菌が複雑にからみあってきわめて安定した集落を作り、一種の共棲関係にあるような状態」をいいます。このフィルムは、細菌が分泌する多糖体に守られ、強力に付着するため、歯ブラシではなかなか取り除くことができません。

また、他の異物の侵入を拒否する性質があるため、付け薬、うがい薬などの効果も限定的です。(下図左写真)
PMTCはこのバイオフィルムをはがしとる手段として、最も能率的かつ効果的な方法と考えられています。(下図右写真)

ページのトップに戻る

予防充填(シーラント)

むし歯になりやすい歯の溝をコーティング

小児の虫歯予防対策はもちろん、虫歯のリスクの高い患者さまの歯の溝や経過観察となった初期虫歯を守るためにシーラントを行います。

小児歯科について

ページのトップに戻る

リスクコントロール(生活習慣の改善)

 

歯周病は生活習慣病の一つです。毎日の生活の中に、歯周病にかかりやすくなる、または悪化させるリスクファクターが潜んでいます。生活習慣を改善することによってリスクを軽減させることが可能です。生活習慣には、食習慣、運動習慣、休養、飲酒、喫煙などがあり、当院が特に力を入れている栄養と食事相談を通じて、歯周病に負けない体の抵抗力をつけて頂くためのサポートもしています。

ページのトップに戻る

予防歯科の重要性

予防歯科とは、現在のご自身のお口の中の状況を把握し、虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境づくりのお手伝いをする治療です。 その為に、原因の除去や歯質の強化、定期的な清掃などを行い、健康を回復した状態を生涯に渡り、持続させていくことが大切になります。

お子様の予防歯科

ページのトップに戻る