審美歯科

ホワイトニング

院内で行うオフィスホワイトニング、ご自宅で行うホームホワイトニング、2つを併用するデュアルホワイトニングの3種類があります。
当院では、よく話し合いをしてその方に適した方法をお勧めしています。

症例はこちらです


1.歯の表面をクリーニング

オフィスホワイトニングについての説明と、現在の歯の色の確認を行います。そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行います。

2.歯肉の保護

ホワイトニングジェルが歯肉に触れないように歯肉を保護します。

3.ホワイトニングジェルの塗布

ホワイトニングジェルを塗布します。

4.光を照射

歯面に塗ったホワイトニングジェルに光を照射します。

5.効果の確認

ホワイトニングの効果を確認します。


1.歯の表面をクリーニング

オフィスホワイトニングについての説明と、現在の歯の色の確認を行います。そして、ホワイトニング効果を得やすくするために歯の表面のクリーニングを行います。

2.マウストレーの作製

歯の型をとって、ホワイトニングジェルを塗布するときに使用するマウストレーを作成します。
完成したマウストレーとホワイトニングジェルをお持ち帰りいただきます。

3.ホワイトニングジェルの注入

マウストレーへホワイトニングジェルを注入します。
1歯あたり米粒2つ分を目安にします。

4.マウストレーの装着

ホワイトニングジェルが注入されたトレーを装着します。
ホワイトニングジェルが歯面全体に行き渡っていることを確認します。
装着時間は歯科医師の指示に従ってください。

5.経過の確認

ホワイトニング効果の経過確認を行いますので、歯科医師に指示された日に来院してください。


デュアルホワイトニングとは?

ホームホワイトニングをオフィスホワイトニングを併用する方法です。個々人によってタイムスケジュールや組み合わせ方が若干違いますが、単独方法よりも早く、高い効果を得ることが出来ます。

症例はこちらです

ページのトップに戻る

ホワイトニング症例

20代 男性

ページのトップに戻る

ウォーキングブリーチ症例

20代 女性

ウォーキングブリーチの症例を見る

ページのトップに戻る

オールセラミックスを使った治療例

Before
メタルボンド
  After
オールセラミック
Before   After
Before   After

ページのトップに戻る

セラミックスを使った治療例

前歯2本がむし歯と以前治療をした部分が古く
なって、非常に見た目が悪くなっています。
すき間も気になりますね。
前歯2本を治療。
すき間も無くなり、とてもキレイになりました。
 
奥歯にインレー(小さな詰め物)。
大きな口をあけると気になります。
セラミックスで作った修復物で治療。
自分の歯に合った色合いでとて
も自然になりました。
右奥歯に金属クラウン(冠)と
インレー(小さな詰め物)。
最近は奥歯の見た目も気に
する人が増えています。
セラミックスで作った修復物
で治療終了。
もう口元を気にする必要は
ありません。

ページのトップに戻る