虫歯

虫歯探知装置(ダイアグノデント)

2010年8月より、最新の光学式むし歯探知装置を導入しております。
レーザー光を照射することで、表層下のむし歯や歯と歯のあいだなど隠れたむし歯を検出します。歯質へのダメージはないので安心です。

詳しくはむし歯探知装置 のお話し(Y'sブログ)

ページのトップに戻る

ドックベストセメント治療(歯を削らない虫歯治療)

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントに含まれる鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、虫歯を除去しないで、無菌化する治療方法です。

ドックベストセメント治療は、虫歯治療や根管治療などの治療時に行いますが、特に虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにドックベスト治療を行うと、神経を抜かないで済む確率が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。
*保険適用外なのでご相談ください。

ドックベストセメント治療は痛くない

一般的な虫歯治療と違い、ドックベストセメント治療は殆どの症例で歯を削らないので、痛みを感じることが稀です。また麻酔も必要ありません。

ドックベストセメント治療は歯の神経を残せる可能性が高い

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、神経を残せる可能性が高くなります。

ドックベストセメント治療は象牙質を再生させる可能性がある

ドックベストセメント治療は、虫歯菌に侵されている歯の内部の象牙質をドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力で殺菌することにより、それらの象牙質の再石灰化を促します。

歯の根の病気

ドックベストセメント治療は、歯の根の病気の殺菌にも効果が期待できます。

2011年3月22日放送のTBSテレビ
「これが世界のスーパードクター14」にて
ドックベストセメント治療が紹介されました。
そのスーパードクター小峰一雄先生より、直接指導を受けております。

ページのトップに戻る