根管治療

ドックベストセメント治療についてその3 のお話し

 ドックベストセメント治療について、患者さまからのお問い合わせを多数頂いております。(浜田山ワイズ歯科のドックベストのページ、ブログその1、その2もご参照ください)

「日経プラス10」BSジャパンに小峰一雄先生がご出演なさいました。やはり皆さまドックベスト治療に注目なさいますが、全身の健康から考える、むし歯・歯周病予防についてのお話しもありました。ドックベストセメントを応用した治療では、状況によりワンデイ・トリートメント(1日で終了)も審美的な仕上がりも可能です。

 ドックベストセメント治療を通して、ご自身の健康、食生活等についてもじっくりと考えてみる機会になるとよいですね。    

ys_logo01^.gif

杉並区 歯医者 ワイズ歯科 浜田山 歯科医院

ページのトップに戻る

 

ドックベストセメント治療についてその2 のお話し

ドックベストセメント治療は痛くない

一般的な虫歯治療と違い、ドックベストセメント治療は殆どの症例で歯を削らないので、痛みを感じることが稀です。また麻酔も必要ありません。

ドックベストセメント治療は歯の神経を残せる可能性が高い

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、神経を残せる可能性が高くなります。


以上、ドックベストセメント治療の特徴についてでした。

 *保険適用外です、ご相談ください。

杉並区 歯医者 ワイズ歯科 浜田山 歯科医院

ページのトップに戻る

 

ドックベストセメント治療についてその1 のお話し

 ドックベストセメント治療を、ご存知でしょうか?

 ドックベストセメント治療とは、ドックベストセメントに含まれる鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、虫歯を除去しないで、無菌化する治療方法です。

ドックベストセメント治療は、虫歯治療や根管治療などの治療時に行いますが、特に虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにドックベスト治療を行うと神経を抜かないで済む確率が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。


 *保険適用外です、ご相談ください。



杉並区 歯医者 ワイズ歯科 浜田山 歯科医院

ページのトップに戻る

 

むし歯が減っているって本当!?その2 のお話し

CIMG0630 リサ.jpg 左の写真は、12歳児のむし歯の平均本数を比較したもので、日本は(右端)ひとりあたり平均1、7本(2009年)です。東京都杉並区の3歳児検診でも、むし歯のある子は極めて少ないことを毎回経験していますので、上記の数値は臨床実感とも合致しています。

それではその1で触れた、『日本人のむし歯の本数が増加している!?』とはどういうことでしょうか?日本の人口は子供が減り、高齢者が増加しています。お子さんのむし歯が減っても、それを上回る勢いで成人のむし歯が増えているのです。 つづく

杉並区 歯医者 ワイズ歯科 浜田山 歯科医院

ページのトップに戻る

 

口腔内写真は何のため?その3 のお話し

 

CIMG1397 リサ0519.jpg口腔内写真の話題は約2年ぶりとなりました。(その1、その2は2010年3月のブログをご参照ください)現在参加している歯科臨床研究会の中で、半日を費やして口腔内写真撮影について学びました。

診察時に写真撮影をする意味については、その1、その2で触れたとおりです。したがって医療従事者にとって、この写真は極めて重要な意味を持ちます。それを端的に表現しているのが、今回の講師の先生が冒頭で触れた左の写真の言葉です。この言葉を聴いて、その意味するところを『重く受け止める歯科医師』と『意味を理解できない CIMG1411 risa.jpgのサムネール画像(もしくは認めたくない)歯科医師』に2分されるはずです。

今回の講演を参考に、当院で構築した開業時からの撮影システムを改良することにしました。新機種はもうすぐ手元に届く予定です。

新しいシステムは撮影時のストレスが大幅に緩和されますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

杉並区 歯医者 ワイズ歯科 浜田山 歯科医院

ページのトップに戻る

 

CAD/CAM時代の審美歯科治療 のお話し

本年の夏に国内最大規模のスタディグループ、SJCD会長日高豊彦先生の研修会に参加して最新の審美歯科治療について研修して参りました。講師の日高先生とは、4年前の夏、浜田山ワイズ歯科の開院準備期間中にオフィスを見学させていただいたご縁がありました。

CIMG1174.jpg審美歯科治療も、他の歯科治療と同様『永続性Longevity』が求められます。

いくら『見かけ上美しい』ものを装っても、時間経過という過酷な環境の中では無力、やがて真実は何かを語るでしょう。

CAD/CAMやE-MAX、材料や技術が進化していく中で、決して忘れてはならないこと・・・見失わないように守っていくべきもの、溜息が出るほど美しい症例の数々に感激したことを思い出しました。

 

杉並区 歯医者 ワイズ歯科 浜田山 歯科医院

ページのトップに戻る

 

第7期行田塾 のお話し 

CIMG0440.JPG昨日と本日は、2年3カ月ぶりに行田塾を受講してまいりました。

審美と機能を兼ね備えた、究極のインプラント治療を実践するために必要となる知識や技術の数々・・・ほんとうのことを知りたい・学びたい歯科医師・歯科技工士が日本各地から集まっていました。

 

 

杉並区 歯医者 ワイズ歯科 浜田山 歯科医院

ページのトップに戻る

 

根の治療から1年7か月 のお話し

310308_bef リサ.jpg 091009_post リサ.jpg本日いらした50代男性の患者さま、初診は今から1年7か月前、下奥歯がズキズキ痛んで(左の写真;青い円)の来院でした。その際にはお痛みの原因となっていた歯の 根の治療の後、新しいブリッジを装着しました。本日はそのブリッジが外れていらしたのですが、それもそのはずです。このブリッジは仮着(仮止め)用のセメントで装着していました。

仮 着3ヵ月後に咬み合わせ・セメントの状況などを確認してから長期使用耐性のあるセメントで再装着する予定でした、もちろん患者様にも了解済みでした。あん なにひどく痛み、レントゲン写真にも大きな影を認めた歯根の病変でしたので、しっかりとした根の治療と適切な機能(咬み合わせ)の回復及びブリッジ装着後 のメンテナンスが必須です。何故なら、 咬み合わせは経年的に変化していきますので、良好な治療経過を維持していくためには、その変化に対応していくことが欠かせません。

しかしながら患者さま曰く、当初のお痛みも消え去りブリッジもとても快適だったとのこと、仮止めのこともメンテナンスのこともすっかりお忘れのご様子でした。私たちの心配とは裏腹に、歯 根の大きな病巣は良好な術後経過であることを知ることとなりました。

杉並区 歯医者 ワイズ歯科 浜田山 歯科医院

ページのトップに戻る

 

東京医科歯科大学 豊福教授ご講演 のお話し

CIMG0326 リサ.jpg本日は東京医科歯科大学大学院、豊福明教授のご講演を拝聴してきました。豊福先生は、院長の同窓九州大学の先輩です。弱冠42歳という若さで東京医科歯科大学大学院の教授になられた歯科心身症治療の第一人者のおひとりです。

歯の治療後に痛みが消えなかったり、お口の中がネバネバしたり、舌がピリピリしたり・・・不快な症状に苦しんでいる患者さんが数多くいらっしゃることは、現場にいる歯科医療従事者であれば誰もが知っています。そのような方々に、歯科医師として何をしてさし上げられるか・・・「目から鱗」の豊福教授のご講演でした。

 

 

杉並区 歯医者 ワイズ歯科 浜田山 歯科医院

ページのトップに戻る

 

ご自分の歯を1本でも多く守っていくためにその1 のお話し

08_184335z.jpg「奥歯が痛いんです、今まで何度も診てもらったけれど・・・先生どうしてでしょう?」

当院に初診でいらした時には、青〇のように根の先端に影がありました。今までに、痛みが出るたびに何度も根の治療をしているとのお話しでした。再治療のたびに、クラウンとコア(土台)を削って外すことになりますから歯の根が薄くなってしまっています。

歯の根の治療後にも痛みが続く場合には、咬み合わせ(力)の影響・根の破折(ひび割れ)・根の治療自体の問題などが考えられます。

DSC_0512 dental 2.JPG  力の影響が大きい場合は以前に紹介したとおりですが、今回は破折の疑いもあったので確定診断のためにクラウンを除去して根の状態を確認しました。幸いにも ひび割れはありませんでした。根の内面をよーく観察してみたところ、第2根管が見つかりました(ピンクの⇒;白い線が2本見えます)。この歯の神経は1本 の幹であることが多いのですが、2本目がある場合にはしっかり見つけて適切に処置をすること必要です。これでお痛みは消え去ってひと安心、たいせつな歯を 救うことができました。

このように適切な診断・処置を積み重ねることによって、1本でも多くご自身の歯を守って『充実した食生活』を送っていただきたい・・・それが私たちの願いです。

杉並区 歯医者 ワイズ歯科 浜田山 歯科医院

ページのトップに戻る